りんご日記

yukiko
こんにちは。店長のゆきこです。野菜ソムリエの資格を取得しました。これからは得意の英語を生かして、南信州と世界をつないでいけるようなアクティブ野菜ソムリエを目指します!!

南信州は南アルプスの大自然に囲まれています。南信州飯田から新鮮なりんご、ジュース、しめじを直送しています。

【お問い合わせ】
TEL 0265-29-8735
(電話でのお問い合わせは18:00~22:00)
E-mail:info★taiyonojo.co.jp
(★を@に変更してください)
〒399-2602
長野県飯田市下久堅
下虎岩773

店長日記はこちら >>

今なら会員登録するともれなく100pt還元中!!

携帯ページ

HOME»  サイトコンテンツ»  なぜ南信州のりんごは甘いの?

なぜ南信州のりんごは甘いの?



りんご

南信州はアルプス山脈に囲まれ、朝、夕と昼間の温度差が非常に激しい地方です。りんごにとって気温の低い夜間には無駄な呼吸をすることなく、甘さが凝縮されやすくなります。よって美味しさが保たれ甘味がますのです。南信州の飯田市はりんごを育てるには最も適した気候であるといわれています。
このリンゴを育てるには、土壌を管理し、果樹園を見回り、草をシッカリ刈ることでおいしいリンゴ葉育ちます。

 
【土壌管理】
単にたくさん肥料をあげれば、いいリンゴが育つわけではありません。適量を保つのが大切。太陽農場のりんご園はきのこ栽培で出たおがくずを肥料にしております。
【畑の見回り】
少ない農薬でおいしいリンゴを育てるには、畑の見回りが欠かせません。例えば害虫がいても、天敵の虫がみつかれば、農薬をまかないですみます。太陽農場では有機栽培に限りなく近い減農薬栽培を実践しております。
【剪定】
おいしいリンゴを作るには土作りのほかに、冬場の剪定作業も欠かせません。来年美味しいりんごも実らせる為の準備を前の年から仕込んでいるのです。
りんご

りんご


南信州のリンゴの特長は、甘みとサクサクした食感です。
皆さんもパリッとした割れるような食感をお楽しみ下さい♪